卒乳時期のお悩み解決!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

卒乳の時期が近づいてくると、ママはあの手この手と一生懸命試行錯誤しながら卒乳への道を探し始めますよね。

 

私も卒乳時期には、どうやったら離れられるだろう?と頭をひねる時期もありました。

 

そこで、私が経験した卒乳時期の悩みと、寝かしつけ、おしゃぶりは必要?といった項目でお話しをすすめていきたいと思います。

 

いいな!と思われた方は是非参考にしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

卒乳時期の寝かしつけは、どうしたらいい?

 

卒乳をすすめるとともに、出てくる1つ目の悩みは寝かしつけですよね。

 

ミルクで育っている場合であれば哺乳瓶離れということになるのですが、

母乳の場合は添い乳をして寝かしつけている場合が多いかと思います。

 

そうなると、子供は寝かしつけの際に欲しくなった時には、きっといつも通り添い乳をしてもらえると思うはずです。

 

その状態から脱出するには・・・

 

まずは、寝かしつける時にお乳ではなく他の物への興味を示すことが大切だと私は感じました。

 

絵本を読んで、ゆったりとした時間を持つ。

子供にはまだわからないかもしれないけど、1日にあったことを話す。

 

私はこの方法をとりました♪

 

寝かしつけの前に絵本を読んでゆったりとした時間をとることで、私の息子は就寝へのリズムが出来ました。

 

1日あったことを話すといった点では少し難しい感じもするのですが、

お子さんにとって一番大切なのは、きっと、いつもママが話しかけてくれる優しい言葉やママの声だと思うのです。

 

安心するとともに、言葉を分からないながらも吸収していたように思います。

 

すごくお喋りさんにもなりました!

 

私はこのようにして寝かしつけの際の添い乳問題はクリアしました。

 

卒乳する時の寝かしつけには、おしゃぶりは必要?!

 

私の息子は、赤ちゃんの頃からおしゃぶりが嫌いだったのか、知人に出産祝いでいただいた物をして

みたことがあるのですが、1度も口に入れてくれたことがありませんでした。

 

ですので、寝かしつけをする際にもおしゃぶりを使ったことはありません。

ママのお乳がほしい分、おしゃぶりを使うことで安心して眠れる場合には最適だとは思います。

 

私の親戚の子どもさんで、おしゃぶりが大好きでおしゃぶりをしていると安心して

一人でもいつの間にか眠ってしまっているという場面を見たことがあるので、

試してみる価値はあると思います。

 

ただ、今度はおしゃぶりをやめられるのかが問題になってきますよね・・

 

寝かしつけでせっかく添い乳をしなくてよくなったのに、

今度はおしゃぶりがないと眠れないようになってもそれはそれで困ってしまうので、

私は、おしゃぶりを使わずになんとかなるならば使わずにいた方が良いかと思いました。

 

卒乳時期のお悩み解決!のまとめ

 

卒乳時期はママも模索しながらの毎日ですし、子供も思い通りにいかず少し大変な時期となってしま

うことも多いかもしれません。

 

しかし!

 

ここまで求めてくれるなんて、今しかありません!

 

その時は大変でも、後になると可愛らしい思い出です。

 

卒乳時期がいつかなんて実際は決まっていないし、正解なんてないと思います。

・・・と言いながら私も焦っていた一人ですが(;^ω^)

 

でも必ずいつかは卒乳できますので、ママとお子さんのペースでゆっくりと始めるのが本当は一番いいのかなぁと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

子育てあれこれ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
女の子産み分けと産後ダイエットの子育てブログ/ママチョコ