赤ちゃんとのお出かけ♪どうしたらいい?離乳食!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

赤ちゃんが誕生してからは慣れないお世話に毎日バタバタ・・

 

そうこうしているうちにあっという間に離乳食スタートの時期がやってきますよね。

 

この頃には赤ちゃんの首もすわっているので、お出かけの機会も増えるかと思います。

 

お出かけ時の赤ちゃんの食事… ベビーフードや大人からの取り分け、食器はどうしたら…など、

懐かしの離乳食期を振り返りながら、まとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

お湯があればOK!離乳食初期の外出

 

離乳食初期は食材をすりつぶしたり裏ごししたり…

 

色々な意味で手間がかかりますよね(;^ω^)

 

この頃の赤ちゃんの食事回数は1~2回なので、

お出かけの時間を調節しておうちでごはんにすれば問題はないのですが、

お出かけせざるをえない時、お出かけしたい時がどうしてもあるかと思います。

 

そこで便利なのが赤ちゃん用の粉末タイプのベビーフードです。

 

おかゆ野菜のペーストなど、お湯の量で固さを調節できます。

 

私の場合、お出かけの際に少し荷物になりますが、お湯の入った魔法びんを準備し、

1つの容器に2つのくぼみがあり主食とおかずを入れられるもので、

ふたの裏にスプーンが取り付けられているものを持ち歩いていました。

 

とっても便利でしたよ!

 

離乳食用の食器も今は色々なものが売られているのでもっと便利な物があるかもしれません。

 

ただ、この粉末状ベビーフードは離乳食初期は便利ですが、

歯ごたえが必要になってくる時期にはこれ単品だとさすがに物足りなくなると思います。

 

お出かけ用に買ったけど余ってしまった場合は、おうちで作る離乳食の固さ調節用や、

ひと味加えたいという時に使えますので、活用してみてください!

 

離乳食期のお出かけ!ベビーフードや取り分けで乗り切ろう

 

今はベビーフードといっても本当にたくさんの種類があり、

だし粉末やソースなど離乳食作りの補助として使えるものや、

スプーン付き・お弁当風でまさにお出かけ向け!というものまで見かけます。

 

どうしてもベビーフードに抵抗があったり、赤ちゃんには手作りを食べさせたい!

という方もいらっしゃると思いますが、

保存もきくので緊急用に常備しておくのは無駄ではないと思います。

 

私は面倒くさがりなのもありますが、添加物やアレルギーなどの表記もしっかりしているし

栄養バランスなども考えられている。

 

何より普段作るものはマンネリになってしまうので、

お出かけの時以外でも結構ベビーフードに頼っていました。

(とはいってもタダではないので家計と要相談でしたが(;^ω^))

 

ただ、どうしてもベビーフードは味が独特なので、食べたがらない赤ちゃんもいると思います。

 

そこで重宝したのはバナナです!

 

バナナはアレルギー食材なので、最初に赤ちゃんに与える時は注意が必要ですが、

問題ないようであれば加熱せずにそのまま軽くつぶしてあげられるので便利!

 

腹もちもするので助かります。

 

バナナ用のケースも売ってますよね♪

 

そして、ある程度大きくなれば、離乳食を持参せずにお出かけすることもあると思います。

 

最近は離乳食を提供しているファミレスなどもありますが、大人用のメニューから取り分ける人も多いのではないでしょうか。

 

もっぱら大活躍するのが茶碗蒸しうどん

 

子供が小さいうちは親は食べるメニューが大体同じもののローテーションになります(笑)

 

どうしても味が濃かったり、塩分や油分が気になるのであれば、

メニューによってはお湯で薄めるのもありかと思います。

 

また、子供用のスプーンなどは、大体頼めば出してくれる所がほとんどですが、

大人と同じものを食べられるようになるまでは持ち歩いていると安心です。

 

お出かけ時の離乳食 まとめ

 

赤ちゃんの離乳食が始まってから落ち着いて食事ができる歳になるまで…

 

子供連れでお出かけし、さらに食事をするのは正直疲れるし大変…です。

 

でもいつまでも続くわけではありません!

 

おこさまランチが食べられるようになるとだいぶ楽になります(笑)

 

活用できるものは活用して、家族でのお出かけ・食事をみんなで楽しみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

子連れでお出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
女の子産み分けと産後ダイエットの子育てブログ/ママチョコ