立川市の市民祭り「楽市」に行ってきました!ミニ四駆のコースもありました☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

立川市の市民祭り「楽市」に駐車場はあるの?

 

毎年11月初めの土日に開催される立川市の市民祭り「楽市」

 

会場は国営昭和記念公園の無料エリアです。立川駅より徒歩10分ほどで会場入口に到着します。

 

電車でもアクセスは便利ですが、子連れだとやっぱり車で行きたいですね・・

 

国営昭和記念公園にも駐車場がありますが、子連れでのお出かけ先としても人気の公園なので、

公園の有料エリアに訪れる方も多く、お昼頃には駐車場に入るために列ができることも・・・。

 

無料エリア周辺には民間の駐車場がいくつもあります。

民間駐車場には提携はなく割引はありませんが、1日最大800円最大1000円という駐車場もあります。

車で来場する際は周辺の駐車場も検討しておくとスムーズですね。

 

ちなみに・・・会場内ではアルコールの販売もしています。

お酒を楽しみたい方は電車でいらしてくださいね!!

 

立川市の市民祭り「楽市」でのランチや食事は?

 

お祭り会場には様々な屋台が並びます

 

市民団体の屋台もあれば、フードグランプリに出場するようなお店、多国籍料理のお店まで種類豊富です。

 

食事ができるスペースもあり、長椅子がいくつも設置されているコーナーもあります。

 

会場は広々としているので、子連れでシートを広げてゆっくり食事を楽しむ姿もよく見ます。

 

我が家も1日のんびり過ごすためにシートとミニテーブルを持参して行きました。

 

他には、体験コーナーや各ブースを回って食事や買い物も楽しめますよ(^-^)

 

体験コーナーは、子連れで地震体験やブラインドサッカー、お土産がもらえるアンケートなど様々なことをさせてもらえます。

 

各ブースには手作り雑貨や外国の雑貨・衣料品・特産品が並びます。

 

お買い得な価格で販売しているお店も多く、掘り出し物が買えることも♪

 

息子にとってはお祭り会場に設置されるミニ四駆のコースがメイン。

 

お祭りそっちのけで1日中ミニ四駆を走らせます。

子連れファミリーが沢山いました。

 

実は我が家、2日間のお祭りに両日行きました。

息子が興味を持ったミニ四駆。

そのコースでは、2日目に大会が開催されのです!

 

今年は2日間とも晴れて、無事大会に参加できました。

結果は残念でしたが、来年こそは!と意気込む夫と息子。

同世代のミニ四駆仲間と「また来年!」と熱い誓いを立てていました。

 

子連れで楽しめる「楽市」はとってもありがたいお祭りです。

立川市の市民祭り「楽市」での授乳室やおむつ替えは?

 

会場にはいくつか建物があり、そこに授乳室おむつ替えができるトイレがあります。

どの建物も清潔で気持ちよく使用することができますよ。

会場内には赤ちゃん連れの方も多く、小さなお子さんがいても過ごしやすい環境です。

 

会場内にはステージが3つほど設置されていて、歌やダンスも披露されます。

そんな活気のある雰囲気も楽しみの一つです。

育児でお家にこもりがちな時期でも生演奏が聴けて得した気分になります♪

 

周りにいた小さな女の子達は、アイドルを目指すグループが登場するとステージに駆け寄り、歌やダンスを応援しています。

かわいい衣装のお姉さん達に憧れを抱いているようでした。

また、今度はイケメンダンスチームが登場すると瞬きもせず見つめていました。

そして、小さな女の子たちの口から「イケメン」という単語も聞こえてきてビックリ!

女の子って大人びてるな~

 

立川市の市民祭り「楽市」、ベビーカーは通りやすい?

 

会場内、各ブースが設置されている場所は芝生エリアですが、凹凸もなく平らなのでベビーカーでも大丈夫です。

 

また、芝生エリアを取り囲むようにアスファルトの通路があります。

 

トイレや授乳室などへ移動するときは、その通路を通るとベビーカーを操作しやすいため素早く移動できます。

 

ブースエリアの通路はかなり広いため、混雑時でもベビーカーで移動できます。

人も多く活気のあるお祭り会場は、赤ちゃんにとっては刺激的なお散歩になりますね。

子連れでのお出かけ先として、とてもいいお祭りかと思います。

 

会場内には立川産の野菜販売もしています。

新鮮な野菜がお手頃価格で買えますよ!!

大根片手に会場を歩く方を見ると、懐かしいようなあったかい気持ちになりました(^-^)

 

立川市の市民祭り「楽市」に行ってきました!ミニ四駆のコースもありました☆~まとめ~

 

色々な体験ができるこのお祭り。

いろいろなジャンルの音楽や多国籍の文化にも触れられて、小さなお子さんから年配の方まで楽しめます。

帰りはお土産いっぱいになるので、大きめのバッグを持ってきてくださいね!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

子連れでお出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
女の子産み分けと産後ダイエットの子育てブログ/ママチョコ