二人目が欲しいけど、費用に不安! 二人目誕生後の家計管理はどうする?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人目の子供ができて、よちよちと歩きだし、少しずつ言葉を話し始めるころ。

 

「この子にも兄妹をつくってあげたいなあ・・・」なんて思う方も多いと思います。

でも、気になるのは、やっぱり金銭面

 

家計のなかで、住宅ローンや老後費用と並ぶ大きな出費となるのが、子供に関する費用だと思います。

 

よく言われるのが、子供にかかる教育資金の目安が1000万円ですよね。

そして、食費や衣料費など、子供の養育にかかる費用が1600万円だそうです。

 

子供にかかる出費のことだけでなく、妊娠・出産すればその間はママは仕事ができなくなりますので、収入減になると考えると、収入と支出の差がかなり大きくなるかと考えられます。

 

スポンサーリンク

 二人目欲しいけど、お金のことが心配!子育て費用を月換算で考えてみた!

私の家も、サラリーマンの主人と専業主婦の私なので、お金にゆとりのある家ではありません。

 

ですが、主人や私の兄妹も二人ずつだったこと、地方に住んでいて、周囲にも兄妹が多いことなどで、夫婦とも当然のように「子供は二人」という気持ちでいました。

 

ただ、子供が二人欲しいといっても、計画通り、妊娠出産できるかどうかは、わからないですよね・・

 

私は一人目の出産で専業主婦になっていましたし、今現在は二人目が欲しいと思っていますし、仕事を再スタートする時期なんてまったく予想がつきませんでした。

 

主人も、家計には無頓着で「なんとかなる」という考え。

 

私も、お金のことは二人目が無事に生まれてから考えようと思っていました。

 

それなので、家計簿を付け始めたり将来いくら必要なのか調べたりするなど、

家計ときちんと向き合ったのは、二人目を妊娠することを本気で考え始めた最近となってしまいました。

 

子供の教育・養育に必要なトータル資金を知ったのも、同じく最近のこと。

 

今思えば、本当に恐いモノ知らずだったなあ・・・と思います。

 

いざお金のことが心配になって子育て費用を調べてみると、子供にかかる食費は一人あたり670万円・幼稚園代が68万円・・・など、あまりにも数字が大きすぎて、イメージできませんでした。

 

なので、おおよそですが、1ヶ月にわけて考えることにしました。

 

そうすると、教育費では、高校まですべて公立だとしても、幼稚園では月に3~4万円前後小学校では月に3万程度(習い事含む)中学・高校では月に4~5万程度かかることがわかりました。

 

養育費では、小さい子にかかる食費は1ヶ月に1.5万円くらいだそうですが、中学生にもなると、1ヶ月に3万円にも

 

二人いれば6万円ですね。

育ち盛りにかかる食費は、ハンパないそうです(´Д`)

 

そのうえ、中学生になると塾・部活動・行動範囲が広くなる分のお小遣いなど、一気にお金が必要になるように。

 

子育てにまつわるお金のサイトは、とても充実していますし、それを調べて月換算にして、主人の給料と照らし合わせることで、漠然とですがイメージすることができました。

 

また、ブログなどを見てみると、リアルな情報も。

 

大学進学というと、学費のことだけを考えていましたが、そのほかにも、受験料・定期代・教材代・就職活動の移動費用も、結構な出費だそうです。

 

想像するだけで恐ろしい・・

 

二人目がほしいと思ったら、どうする? 家計管理が大切だと痛感・・・。

 

私は、下の子の中学までに進学費用の大半をためて、それまでにフルタイムで仕事復帰し、なんとか子供二人の中・高、高校卒業後の進学を乗り切れればなあ、なんて思っています。

 

もちろん、計画通りにはいかないのは重々承知ですが、そうすることで、今やるべきことも少しずつ、見えてきました。

 

一人目が生まれてすぐは、小さい子の可愛さもあって、洋服にお金をかけ過ぎてしまっていました。

可愛い洋服を着せているときの満足感は、得がたいものです(^^;)

 

ですが、子育てをトータルで考えて、なにより重視するのは、最低限の生活費と教育費。

 

一時しか着られないお洋服にお金を費やすにはやめ、お下がりやプチプラの服を上手く活用することにしました。

 

他には、子供が本が大好きで、気になる本があるとすぐに買ってしまいました。

こちらも、図書館で借りて、子供が気に入ってから、購入することにしました。

 

少しずつかもしれませんが、支出の優先順位をつけられるようになっていると思います。

 

給料以外の収入では、児童手当も。

3歳までは月に1万5千円、その後は15歳まで月に1万円。

 

児童手当は所得にもよりますが、第1、2子ではそれぞれ計198万円にもなるそうです。

 

他には、子育てしながら、家計を管理していると、予想外に、子供の行事のお祝い・お年玉をたくさんいただいていることに気づきます。

 

私たち夫婦はそれぞれ二人兄妹ですが、少子化の影響か、両家の孫は計四人と少なめ。

 

ありがたいことに、子供たちは、たくさんの大人たちから毎年たくさんお年玉やお祝い、食事をごちそうになったりしています。

 

もちろん、各家庭にもよると思いますが、おじいちゃん・おばあちゃんからの金銭的な援助の平均は、年に24万円だそうで、我が家も、例外ではないのかもしれません。

 

決してお給料が高くなくても、とりあえず収入内で生活ができれば、児童手当と、いただいたお祝いをコツコツ貯めれば、進学費用の足しにはなるのかな、と思いました。

 

子育てはお金がかかる!家計管理と計画・話し合いが重要だったと痛感。

二人目ありきで考えていた家族計画ですが、いざ二人目が生まれたら、今度は家計のやりくりが大変そう。

 

もし、二人目を考えなければ子供一人にかけられるお金に余裕があっていいかなぁと感じる時もあります・・

 

兄妹関係から得られるもの、金銭面から得られるもの、当然メリットとデメリットがありますが、

自分の家の収入と支出のバランスを考えて、計画するのも大切なんだなと感じました。

 

ですが、家族構成だけでなく、結婚にしても住宅購入にしても、あまり慎重になりすぎると、何事も踏み切れませんよね。

 

私は、大切な子供が二人になったことで「子供のために将来自分も働いて稼ごう」「うまくやりくりしよう」と思う原動力にもなるだろうと信じて、今は二人目妊娠を頑張ろうと思いました!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

子育てあれこれ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
女の子産み分けと産後ダイエットの子育てブログ/ママチョコ