お台場レゴランドに行ってきました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、お台場にあるレゴランドに息子を連れて行って来ました。

 

予想以上に長時間楽しめ、息子も私も大満足です☆

 

レゴランドについてまとめてみましたので、お出かけ先に迷っている時のお役に立てれば幸いです!

 

スポンサーリンク

お台場レゴランドに駐車場はあるの?

 

お台場のデックス東京(Decks Tokyo Beach)内にあるレゴランド。

駐車場はデックス東京にあります。

 

駐車場入口が分かりづらいので、うっかり通り過ぎないように気を付けてくださいね!

 

レゴランドだけじゃなくて、お台場の他のスポットも観光するときは青海東臨時駐車もおすすめです。

駐車料金が一日1500円なので、長時間利用するときはお得です。

 

お台場レゴランドでのランチや食事は?

 

レゴランド内にあるカフェテリアは軽食が中心です。

 

カフェテリアはアスレチックの目の前にあるので、食事中も子供たちはソワソワしてしまいます。

 

我が家はレゴランドに入る前にランチを済ませ、夕食の時間にはレゴランドを出て、他のお店で食事します。

 

デックス東京にもレストランがありますし、アクアシティやダイバーシティにもフードコートがあるので食事をする場所には困りませんでした。

 

おやつの時間にはフードコーナー内にある自動販売機のアイスクリームを食べました。

 

飲み物は持込OKなので水筒持参で行きましたが、館内のカフェテリア以外にも飲み物の自動販売機があります。

 

お台場レゴランドは男の子も女の子も楽しめる?

 

レゴランドに入場するとエレベーターで上の階へ移動します。

エレベーターの扉が開くと、そこはレゴブロックの製造が学べる「レゴファクトリー」です。

 

プラスチックの原料からレゴブロックが出来上がるまでを体感しながら学んでいきます。

タッチパネルでレゴの色を自由にデザインができるゲームがあって、子供たちはデザインも楽しんでいました。

 

通路を進むと・・・「キングダムクエスト」の乗車口があります。

130cm以下の子供には保護者が同乗しなければいけないので、130cm以下の子供数人をママだけで連れて行くと、みんなで乗れないので要注意です!

 

通路を進むと、次は「ミニランド」です。

レゴで作られた様々な街が広がります。

 

細かい部分や様子まで本物そっくりに作られています。

息子はお気に入りの建物や街、乗り物などを見て大はしゃぎでした☆

 

アスレチックコーナー「レゴニンジャゴーアドベンチャー」は小さな子には少し危険かなと感じました。

3歳の息子は周りにいる少し大きなお兄さんやお姉さんたちに助けられてなんとか上まで登り、

滑り台を滑って降りてきましたが、アスレチック内を走り回る子も多いため、ぶつかって泣いている子もいます。

 

スタッフさんもかなり声掛けをしていて、安全に遊べるよう配慮してくれていますが、心配な方は一緒に入るか、別のプレイコーナーをおすすめします。

 

小さな子供向けのプレイコーナー「デュプロビレッジ」はのんびり穏やかに遊べるコーナーです。

大きなソフトブロックでお家やお城を作って遊びました。

一角にはレゴデュプロも置いてあって、思う存分作品作りに没頭できます。

作った作品と記念撮影して、子供たちも大満足です!

 

小学生くらいの男の子達が沢山集まっていたのは「レゴレーサー」エリアです。

自分で好きな車を組み立てて、坂のコースを走らせます。

スピードを競ったり、コースアウトしないよう車体を工夫して遊べるところでした。

 

4Dシネマは息子とメガネをかけて楽しんできました。

めったに体感できない4Dに息子は様々な表情や純粋な反応をして大盛り上がりでした!

 

男の子も女の子もみんな楽しそうに遊んでいたので、性別関係なく楽しめるのではないでしょうか。

 

今回は平日だったこともあり比較的空いていたので、各アトラクションでゆっくり遊べて、あっという間に6時間経っていました!

 

 

 お台場レゴランドはベビーカーは通りやすい?

 

レゴランド内の通路は広いため、ベビーカーがあっても全然大丈夫です。

 

混雑時でもベビーカーは通れます。エリアの境界に段差はありません。

 

ただ、カフェテリア内はテーブルの間隔が狭く、レジ付近も狭いため、混雑している時はベビーカーを操作しづらくて大変でした。

 

お台場レゴランドに行ってきました!~まとめ~

 

お台場のレゴランドは男の子も女の子も楽しめる施設です!

 

レゴランドで遊んだ後は、数日間お家での作品づくりに夢中です。

 

新しいアイデアで作った作品を飾ったり、お友達と作品を持ち寄って街を作ることもできるようになりました。

 

レゴランドには作品を作るときのアイデアやヒントがいっぱい詰まっています。

 

息子にとっては、レゴ作りのアイデアやヒントが一番のおみやげになったかな♪

 

屋内の施設なので天候に左右されずに遊びに行ける貴重な場所かと思います。

 

入場料は決して安くはないので、行かれた際には是非、隅から隅まで楽しんでください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

子連れでお出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
女の子産み分けと産後ダイエットの子育てブログ/ママチョコ